THE JAYPERS .Web

PROFILE

THE JAYPERS

詳細 >>

MOVIE

THE JAYPERS MOVIE

詳細 >>

GOODS

THE JAYPERS GOODS

詳細 >>

Facebook


THE JAYPERS

Facebookページも宣伝


Vocal : RIE


Guitar : RIKI


Bass : KING


Drum : HACHI

CALENDER

QR CODE

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS
42件中   31 - 42 件表示 ( 全 3ページ )
  1  2  3 

Atomic Swing



週末の「The Jaypers R&R Forever Vol.11」ご来場有難う!
多くの方が遊びに来てくれたので、
こちらも遊び過ぎて、写真撮影を忘れました。
出演してくれたアーティストの方々、
急遽BGMを担当して頂いた、MINT南氏にも感謝です。
これに懲りずに、また宜しくデストロイ。

そんな訳で「Atomic Swing」です。
1993年リリースの1stアルバム「A Car Crash In The Blue」。
このサウンドが好きで、当時は良く聴いていたが、
昨年のレコーディング中に、再びマイブーム。
音創りの参考にさせてもらった。
Vo&G のニクラスが奏でるギターが、とにかく特徴的で、
歪んでいるのにクリーンでファットで艶っぽい。
ダークなのに甘くて、伸びないようで伸びる。
クイッ! グリィッー! と素晴らしいサウンドなのです。
当時の話しによると、Gibsonファイヤーバードに、
アコースティックの弦を張っているのだそうだ。
アコギにエレキ弦は良く見かけるが、逆は凄いな。
確かにデイヴ・メイソン的でもあるが、更に色気を感じる。
10日間で録音したとは思えない、ナイスなアルバムである。

アルバム・ジャケットは、どこかで見た事あるような・・・
そうです。ほとんどパクリですね。
R・ストーンズ ファンとしては、即ジャケ買いでした。

アトミック・スウィングはスウェーデンのバンド。
ザ・ハイヴス、マンドゥ・ディアオ・・・
ちょっと古いが、レーン&リーキングス等々も然り。
ハノイロックスはフィンランド産。
先日手に入れたギターも、フィンランド製。
北欧モノは、猥雑な激しさの中にも哀愁があって興味を惹く。
我々の今後のポイントになるかもしれません。

しかし、北欧メタルはわかりません。
イケヤには是非行ってみたい。
アバもお忘れなく。

2008-04-16 21:00:00投稿者 : Riki
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

Brothers and Sisters



1973年、オールマン・ブラザーズ・バンドの最高傑作です。
デュアン・オールマン亡き後に制作された名盤。
デュアンの豪快なスライドも好きなのですが、
ディッキー・ベッツのヤクザなスライドが更にGood!
新加入のチャック・リーヴェルのピアノは、
その後のR&Rピアノの新たなる道を指針したのではないか。
現在、彼は20年近くも、
Rストーンズのツアーメンバーの座に居る事が証です。
名曲も多く「ランブリン・マン」や「ジェシカ」は、
曲創りに煮詰まると、未だに弾いてます。



余談ですが、GIBSONからディッキーベッツ・モデルの弦が出てますね。
グッと南部の音が出たりして。

一時期、アメリカ南部の音楽にはまっていた時があります。
ブルースやカントリーに根付いた、いわゆるサザンロックというやつです。
オールマンズの来日公演は、ほとんど楽しませてもらっている。
いつだったか、東京公演の初日、Hオルガン&Voのグレッグ・オールマンが急病。
(ホテル内での食あたりと言う話しだが、実際はアレでしょう。)
ステージ上に、ツアーマネージャーと通訳が出て来て、
「今夜はグレッグが出演できないから、帰りたい人はチケット払い戻すぜ」
という旨を会場に伝えたが、ほとんど席を立つ人はいなかったな。
リードシンガーが不在のライブは、どうなる事かと思ったが、
これが素晴らしかった。
ハモンドはローディーが弾いて、グレッグのヴォーカルパートは、
他のメンバーが交代で、見事にをやってみせた。貴重な体験でした。
ライブ後、メンバーがステージ袖に挨拶に来た時、
すかざずディッキーに握手。綺麗な入れ墨だ。

次の日の公演で、グレッグは復帰。
何食わぬ顔して歌ってました。
ハモンドの上には、ウイスキーボトル。
氷、オレンジ、ビーフジャーキーなどのつまみもあり、
ライブ中に、チビチビ&モグモグ。
この日は、目の前の席で興奮した客同士が、殴り合いの大喧嘩。
片方はミュージシャンらしく、ギターケースを振り回して乱闘。

次の日、自分のライブがあり、
リハーサル後、昨日のオールマンズで乱闘あってさ、
などとメンバーにトークしていたら、
後ろから、肩をたたかれ振り向くと、
「すみません、それ俺です。。。」
昨夜の乱闘の彼が対バンでした。びっくり。
そこのベーシストには、彼が手に入れたばかりのフェンダー・ベースマンを、
凄いカッコいいじゃん! と褒め讃え、ちゃっかり本番借りてしまった。
今更ながらに、その節はありがとう!
いい音してました。

2008-03-19 18:00:00投稿者 : Riki
この記事のURL コメント(2) トラックバック(0) nice!  あしあと

Cheap trick「In Color」



先日、朝8時前のTVで、ひときわテンション高い男が。
おっ、リックニールセンだ。
4月に行われる、チープトリック日本武道館ライブのプロモ来日らしい。
少々貫禄が付いてきたが、あまり変わってないですな。
某専門学校にて特別講師を務めた模様。
恒例のピック投げの極意を伝授したのだろうか?

子供の頃、西新宿にある何やら怪しげな輸入版ショップでGETした、
チープトリックの2nd「In Color」。
ジャケットにはバイクに乗った、色男2人。
「あれ?チープトリックって二人組?」
「チープとリックか?」などと思いながら裏ジャケを見ると・・・居ました。



小さなモペットに乗った、他の2人。しかもモノクロで。
メンバー間で、この差の付け方に異様なテンションを覚え、
早速聴いたら、OH! GOOD!
激しくも、ポップで覚えやすい。ギターメロも良い。

Vocalのロビンは女にもてるだろうなと直感。
声は甘いし、ルックス良いし、なにしろ金髪だし。
もう一人のワイルドな色男は、Bassのトム。
当時は8弦&12弦ベースを弾いていた。
(ベース弦にオクターブ上の復弦を張ってある)
これをピックで弾くと、ガキガキのメタリックなサウンドになる。
「怪獣のような音だな」と思ったものです。子供ですから。

この後、3rdアルバムにて名曲「サレンダー」が誕生するのである。

2008-02-24 23:30:00投稿者 : Riki
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

Sheryl Crow「Detours」



シェリルクロウのニューアルバム「Detours」。
これとても良いです。特に歌詞がGOOD。
前作の「ワイルドフラワー」に続き、
更にアーシーな楽曲が素晴らしい。
キャット・スティーブンスを彷彿とさせる世界感は、
更なる高みへと導いてくれるようです。

昔からシェリルは、アコギ&エレキの使い分けが、
非常に巧いアーティストです。
今作でもそれを堪能できます。
そして、ビートルズやストーンズが所々に顔を出します。
タイトルそのままの楽曲もある。

日本版に収録のボーナストラック2曲もお勧め。
「iTunes」のみボーナストラックは、
ジョージ・ハリソン「Here Come The Sun」。
ポップでキュートな仕上がりです。

そんなわけで、週末は「R&R Forever Vol.9」です。
場所は「渋谷ロッキンカフェGABIGABI」。
今回も素晴らしいアーティストが揃い、とても楽しみです。
明日、都内は雪の予報ですが、
おかまいなしに、多いに飲みましょう!


2008-02-08 20:00:00投稿者 : Riki
この記事のURL コメント(4) トラックバック(0) nice!  あしあと

ロックの歴史から、一度消えた男



英国を代表するシンガーソングライター、
1967年にデビューした、キャット・スティーヴンス。
ギリシャ人の父とスウェーデン人の母との間にロンドンで生まれる。
彼の現在の名前はユサフ・イスラム。
1979年にイスラム教に改宗し、
財産を全て処分して、一線から身を引いた。

初めてキャットを知ったのは、
1970年前半のミュージックライフ誌にて。
他のシンガーソングライターとは何か違う、
とてつもなく、けしからん感じがした。普通じゃないな。



キャット・スティーヴンス時代の名曲の数々はご存知であろう・・・
◎ワイルド・ワールド
◎ムーンシャドウ
◎ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト
◎ピース・トレイン
◎雨に濡れた朝
その他諸々・・・
皆、知らずのうちに、ラジオ&CM等で耳にしているでしょう。

彼の声はとにかく個性的で、一発でそれと判る。
楽曲のアレンジ等も独特で、思いもしない様な発想が凄いのだ。
ギリシャ民族音楽的な、ダークでロマンチックな楽曲は耳に残り、
ライブでの、その佇まいにとても惹かれる。

現在キャットは、ユサフ・イスラムとして、
音楽界に復活し、イスラム的な音楽を奏ででいるが、
歌声や作風は、やはりキャットのままでした。
彼の今後はどうなるのか判りませんが、
いつも戦っている姿に、敬服します。
キャット・スティーヴンス。良いですよ。

追伸:The Jaypers「Vintage Pie」のボーナストラックに、
1曲カヴァーが入っています。
それは、キャット・スティーヴンスの名曲です。

2007-12-24 19:00:00投稿者 : Riki
この記事のURL コメント(1) トラックバック(0) nice!  あしあと

JOHNNY WINTER「狂乱のライブ」



ジョニーウインターの兄貴の「狂乱のライブ」
先発の「アンド・ライブ」と双璧を成す、名ライブ盤だ。
とにかくジャケットが素晴らしい。
初めて目撃したのは中学生の頃、級友の姉さんの部屋。
その瞬間、既に音まで聴こえてきた。
これは絶対けしからんロックだ!と思い、
借りて聴いたら、ぶっ飛んだ。
オープニングのボニーモロニーからラストまで一気に聴けます。
フェイザー掛けっぱなしの白いファイヤーバードを弾きまくる姿は、神鬼。
激しくも美しい。これぞロックンロール。
何々っぽいロック、ではなく、まさにロックンロール。
豪快なスライドギターも鳥肌ものだ。更に、歌も良いのだ。

70年代頃のキャッチフレーズは「100万ドルのギタリスト」。
$ですから。やくざで南部な雰囲気たっぷりでGOOD。
「〜の神様」「〜の王様」よりインパクト強し。

1990年に来日予定されて、チケットもGETした。
絶対に、けしからんライブに間違い無いと確信したが、
敢え無く来日中止。実に残念だった。
当時はジョニーに憧れて、ファイヤーバード1を使用していた。
オープンチューニングでスライド専門機のヤンチャな奴だった。

一度ジャケットをLPサイズでご覧あれ。
顔、完全にいっちゃってます。
あ、くたびれた親父や、ひ弱な子供は聴かない方が良いです。
責任持てません。申し訳ない。

最近は残念ながら体調も万全ではなく、視力もほとんど無いらしい。
しかし、ジョニーの魂は多くのギタリストに受け継がれているぜ。
God bless you.

2007-12-05 18:00:00投稿者 : Riki
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

SCREW BONKERS



ご存知の方がいるかどうか・・・「スクリューバンカーズ」。
最近、1977年の実況録音版がCD化されているのに驚いた。
当時は、バンカーズの新宿ロフト、旧渋谷屋根裏のライブテープはなかなかの貴重品で、
先輩やバンドメンバーから手に入れて擦切れるまで聴いて、弾いた。
ローリング・ストーンズ的なロックバンドなのだが、
彼らがカバーすると本当にびっくり。
最初はストーンズの海賊版だと聴かされて、暫く本気にしていた。
とにかく、サウンドもルックスもかっこ良くて憧れた。

バンカーズの母体は1975年にデビューした「ルージュ」。


ニューヨーク・ドールズ的ジャケットの1stアルバムは、加藤和彦氏プロデュース。
ストーンズ的R&Rと、コミカルな楽曲がミックスされた作品だった。
しかし、ヴォーカリストのドラッグ問題により、セカンドREC中に解散。
幻のセカンドアルバムは数年後、インディレーベルから限定発売された。
迷わず購入したが、この時点で既にバンカーズの楽曲が入っている。

バンカーズになってからは骨太のR&Rオンリーで、狂おしい程にかっこいい。
「逃げろ」「まっぴら」「うせろ」等、凄い楽曲だ。ぶっ飛んでる。
「ホンキートンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」は笑ってしまうほど激似。

後年、もちろん同じ事を悪友共に言ってやりました。
「このテープ、ストーンズの海賊版だぜ。聴いてみ。ぶっ飛ぶぜ。」

合掌。

2007-11-21 05:00:00投稿者 : Riki
この記事のURL コメント(2) トラックバック(0) nice!  あしあと

King Curtis LIVE!



泣く子も黙る名盤、キング・カーティス「ライブ・アット・フィルモア・ウエスト」。
急に思い出した様に引っ張りだして、良く聴いている。
1曲目「メンフィス・ソウル・ステュー」のメンバー紹介が鳥肌もの。
ジェリー・ジェモットのファンキーベースを鍋にぶち込み、
バーナード・パーディー(大好きです)のドラムが絡み下味OK。
そして、コーネル・デュープリーのギターと、
ビリー・プレストンのオルガンで旨味を整える。
パーカス&ピアノをエッセンスに、最後にカーティスのサックスが加わり、
強火でかき回すと大爆発!

プロコルハルムの「青い影」を演奏しているのだが、
これがまた素晴らしい出来映え。
子供の頃から聴いている同曲は、結構イナフなのだが、
このライブヴァージョンの表現力は、やはり凄い。参りました。

他にもZEPの「胸いっぱいの愛を」や、
ニッティ・グリッティ.D.Bの「ミスターボージャングル」等、
名曲のカヴァーも楽しめる。

カーティスはジョンレノンのアルバム「ロックンロール」のリハに参加中、
自宅前で見知らぬジャンキーに刺され、病院にて死亡。享年37歳。

今夜もまた彼のサックスを聴こう・・・。
合掌。

2007-11-07 22:00:00投稿者 : Riki
この記事のURL コメント(4) トラックバック(0) nice!  あしあと

Steve Marriott!!

 
ロック・ヴォーカリストで影響を受けたアーティストの一人。
A.フランクリンやT.タナー等を彷彿とさせる、
黒人女性的なハイトーンのヴォイスは最高だ。
スモール・フェイセズ、ハンブル・パイ、ソロ〜と、どの時代もGood!

火事で亡くなる少し前に、
渋谷クラブクアトロにて来日公演が予定されていて、
早々にチケットをGETした。
しかしライブ当日、会場の貼り紙前に呆然とした友人Kが・・・
「事情により公演は中止となりました。」
皆で暫くボーゼン。。。ドタキャンだぜ。
やってくれたぜ。さすがスティーヴ。

こんな伝説もありました・・・
後にジェフベックの1stに収録された、
ベックス・ボレロの録音に参加したジェフ・ベック(G)、
ジミー・ペイジ(G)、ジョン・ポール・ジョーンズ(B)、キース・ムーン(Dr)、
ニッキー・ホプキンス(Key)でバンドを結成するという話があった。
そのヴォーカル候補は、スティーヴ・マリオットとスティーブン・ウィンウッドだった。
しかし、ヤードバーズやザ・フーのツアーが決まってしまい、ニューバンド計画は流れた。
その幻のバンドの名は「レッド・ツェッペリン」。

・・・先日のイベント内での、R&Rクイズでもあったが、
名付け親はキース・ムーン。
どこまでが本当の話しだかは不明。
凄いメンバーだが、ロバートとボンゾの居ないZEP・・・。
まったく別のバンドになったであろう。

合掌。



2007-10-20 22:01:51投稿者 : Riki
この記事のURL コメント(0) トラックバック(0) nice!  あしあと

Lucky Soul

lucky soul

ニューレトロポップなどというキャッチでデビューした、
グラスゴー出身の「Lucky Soul」1st。2007年の作品。
これはいい!かなりセンスの良い6人組だ。
素晴らしいメロディー&どこか懐かしいアレンジ。
ジョージ・マーティンがシュープリームスやロネッツを
プロデュースしたらこんな感じになるのであろうか。

タムラ・モータウン&モッド・サウンドのような、
エモーショナルでダンサブルな60’sサウンド。
P・スペクター的なストリングスやホーンセクションもGOOD!
しかも現代のアーティストにありがちな、捨て曲が無い。
シンプルな楽曲なのだが、何かゴージャスな感じもアリ。
ひとつ一つの音を大切にメロディーを創作しているからであろう。

Vo.アリ・ハワードのアンニュイな声は一聴の価値アリ。
ブリティッシュ系のアーティストは、空気感を創るのが絶妙!
モータウン〜リバプール・サウンドあたりが好きな方は是非!

またもや60's的アーティストでしたな・・・。
合掌。

2007-09-26 18:34:39投稿者 : Riki
この記事のURL コメント(1) トラックバック(0) nice!  あしあと

Edgar Jones & The Joneses

edgar joense

最近のお気に入りのアーティストをご紹介。
基本的には60〜70年代の洋楽が大好物なのだが、
新しいモノも割と聴く。

「Edgar Jones / More Than You've Ever Had!」
サウンドもジャケットも60年代的なのですが、2006年の作品。
前身バンドや名前は知っていたが、ほとんどジャケ買い。
初めて聴いたときは、立ち眩みがする程ブッ飛んだ。
 「メンフィスの路地とリバプールの路地は、
 もしかしたら時空を超えた秘密のトンネルで繋がっている。
 そのトンネルの存在をただひとり発見したのが、この男。」

エドガー・ジョーンズは、リバプールから90年初頭、
自身のバンド、ザ・ステアーズでデビュー。
ソロになってからは、ブラック度アップ。ブラック&ブラック。
黒人音楽に対する強烈なリスペクトを感じる。
このサウンドをフェイクと感じるのは寂しすぎるぜ。
特にタイトル曲は凄い。周りの景色が変わるほど。
スタックス・レーベル等が好きな方は、必聴だ!

新しいモノと言いつつ、60年代的アーティストでしたな。
合掌。

2007-09-21 14:38:36投稿者 : Riki
この記事のURL コメント(1) トラックバック(0) nice!  あしあと

LED ZEPPELIN 再結成ライブ

zep01,

11月26日に、ロンドン O2アリーナにてZEPのライブが一度だけある。
発表当初は、ロンドンまでは無理だな、と思っていたが応募した!
そう、ラストチャンスかもしれない。
2,000万人以上の応募予定で、収容人数2万人なので、
可能性は恐ろしく低いが、応募しなければ当たらない。

この再結成ライブに触発され、俺も何か新しい事をと思い、
synclを始めました。いつまで続くか。。。

THE JAYPERSは3rd ALBUMを発売したばかりなので、
新しい音源は暫くの間、CDのみの販売です。
そのうちsynclでもダウンロード販売も予定しています。

運良くチケットを手に出来たら、ロンドン行ってきます!!

2007-09-19 17:16:58投稿者 : Riki
この記事のURL コメント(1) トラックバック(0) nice!  あしあと
42件中   31 - 42 件表示 ( 全 3ページ )
  1  2  3